Hitoshi TUBOYAMA / 坪山斉

1981   宮城県生まれ
2008 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
2010  東京藝術大学大学院美術研究科油画技法材料第一研究室修了
現在福岡県在住

 

Born in Miyagi, JP
BA in Tokyo National University of Fine Arts and Music, Oil Painting
Completed Master’ s Degree Program at Tokyo University of The Arts
Lived and worked in Fukuoka

web site

Iris#1 / 2016 / acrylic on canvas / 162×162cm / private correction Tainan
Iris#2 / 2016 / acrylic on canvas / 162×162cm / price on request
Iris#4 / 2016 / acrylic on canvas / 162×162cm / price on request
Iris#5 / 2016 / acrylic on canvas / 162×162cm / price on request
Light #12 / 2018/ acrylic on canvas / 194×162cm / price on request
Light #12 magenta / 2018/ acrylic on canvas / 194×162cm / price on request

坪山は絶妙な色彩感覚で実在する人物の虹彩を記号的に表現している。人の虹彩は個体によって模様が異なっており、言い換えれば虹彩によって人物を特定することができる。それらの情報や特徴を、記号的な色彩や形態へと変換する。その結果、鑑賞者は脳内で情報を補完することを余儀なくされる。トリミングされた画面には何が描かれているか、一瞬戸惑うだろう。しかし、”それ”が何かわかったときに、ばらばらだったモチーフは形作られ、ようやく着地点を得るのだ。極限まで抽象化することで、本当のリアリティを追求している。

Tsuboyama expresses the iris of a real person symbolically with exquisite color sensation.The iris of a person has a different pattern depending on the individual.In other words, a person can be specified by the iris.Tsuboyama transforms the information and features of the iris into symbolic colors and forms.As a result, the viewer must complement the information in the brain. You may be wondering what is drawn on the cut screen.However, when you know what it is, disjoint motifs are formed and completed.Abstracting the motif to the limit, pursuing true reality.